カーフィルム施工へのこだわり。

一般的なウィンドウフィルムとカーフィルムが区別されるのには理由があります。端的に申し上げれば”平面”か”湾曲”の違いなのかもしれませんが勿論それだけではありません。自動車ガラスの場合、車種毎に異なるカーブ形状に合わせて貼り合わせる必要がある他、狭いスペースに貼り込みしなくてはならず、高度な技術が要求されます。厚生労働大臣認定カーフィルム施工一級技能士を取得し細部にこだわって迅速丁寧に仕上げています。基本的にドアトリムなどの内張り等の脱着を行わずに施工するこにより部品破損リスク回避と作業時間の短縮を両立します。特に新車時など分解作業をあまり望まれないお客様のニーズに答えます。リアガラスは一枚貼りと呼ばれる工法で湾曲したガラス面でも継ぎ目なく一枚物のフィルムで施工することが可能です。オンラインコンピュータカッティングシステムを採用しており新型車種にもいち早く対応できます。最新システムと熟練の施工技術で納得の施工品質をお約束いたします。