BLOG

[:車:] 花粉によってボディがダメージを受けるしくみ

{:rn:}


{:rn:}花粉症の人にとってはたいへん不快な季節ですが、花粉は人間だけでなく自動車の塗装にも悪影響を及ぼします。今年もまた花粉飛散量は非常に多いそうですが、花粉が自動車ボディに与える影響と予防法を紹介します。
{:rn:}{:rn:}{:rn:}{:rn:}

{:rn:}{:rn:}{:rn:}

1、風に乗ってボディに付着

{:rn:}ご周知の通り花粉は風に乗って飛散します。この季節のボディは花粉で真っ白になっています。しかし、花粉がボディの上にただ乗っているだけの状態ではボディにダメージは与えません。{:rn:}{:rn:}

2、水にぬれることによって花粉が溶け出す

ボディにの上に乗っかった花粉に雨や露がかかると花粉が水分を含み、花粉内部のペクチンと呼ばれる物質が溶け出します。{:rn:}{:rn:}

3、花粉内部の物質が酸化することによりボディを侵食

{:rn:}水分を含み花粉内部より溶け出した物質が紫外線や空気と反応することにより強い酸化力を持ちます。ボディ上に付着したままの状態が長時間続きますと徐々にボディを侵食し始めます。{:rn:}{:rn:}

{:rn:}{:rn:}

[:車:] 予防策

{:rn:}


{:rn:}花粉の多い季節にはこまめに洗車をして花粉を洗い流すことです。また、ボディーガラスコーティングを加工しておくと塗装の保護効果が高まります。{:rn:}{:rn:}{:rn:}

[:車:] もしダメージを受けてしまったら

{:rn:}


{:rn:}ダメージを受ける前の対応が肝要ですが、もしもダメージを受けてしまった場合にはその度合いによって処置の仕方が異なります。軽度であればクリーナー等を使って除去できる場合もありますが、そうでない場合には下地の調整が必要になることもあります。見てみないとわからないので気になる方はお気軽にご相談ください。{:rn:}{:rn:}

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA