カーフィルム施工時のご注意

フロント部への貼り付けは法律により規制されています。

フロントガラスおよび運転席・助手席のドアガラスへカーフィルムを貼り付ける場合には、フィルム貼り付け後の可視光線透過率が70パーセント以上確保されていることが道路運送車両法によって定められています。少しでも色の入ったフィルムを貼り付けますと違反となります。また、一部、薄いイエローやブルーなどのカーフィルムの中には可視光線透過率70パーセント以上の数値が出る場合があるようですが、当社ではいかなる理由があろうとも、色の付いた着色フィルムをフロント部へ貼ることはできませんのであらかじめご了承ください。

色の濃いフィルムは視認性が悪くなります。

濃い色のカーフィルムを貼った場合には夜間の視認性が悪くなりますので、暗がりでのバックの難易度がレベルアップします。後ろが見えなくてバンパーをこすったり、となりのお宅のかき根をこわしたりしないように十分に気をつけてください。

メタリックタイプのカーフィルムについて

電波を遮断する作用があるので、場合によってはカーナビやテレビなどの電波状況に影響を及ぼすことが一般的に知られています。必ず悪影響がでるとは限りませんが、何らかの状況が重なると受信障害が起こるようです。不可抗力ですのであらかじめご了承ください。
メタリックタイプのフィルムを貼り付けた後は、できるだけリアの熱線を使用しないださい。フィルムの寿命を縮めます。ガラスがくもった場合にはエアコンを使用してください。

ハイマウントストップランプ部分の貼り付けについて

リアガラスの車内側に取り付けられたハイマウントストップランプ部分への色の濃いカーフィルムの貼り付けは道路運送車両法の保安基準に抵触する恐れがありますので、状況に応じてフィルムを切り抜く等の措置を取らせていただきます。

PAGE TOP