BLOG

クルマのフロントガラスの上部に貼りつける日よけ用のサンシールドフィルムです。フロントガラスの曲面に合わせてアーチ形状になっており、しかもグラデーションプリント仕上げになっているので、自然な仕上がりでございます。

特 徴

 

■ クルマに合わせてアーチ形状を選択できます。

アーチ形状は全部で4種類。クルマに合ったカーブ形状を選択することでより自然で美しい仕上がりにできます。

■ グラデーションプリント加工

上のほうが色が濃く、下へ行くにしたがってだんだんと色が薄くなっていくグラデーション仕上げになっており、違和感がありません。

■ 車検対応

保安基準に適合する貼り付け方をすれば、車検にも合格できます。

カラーサンプル

ブラックタイプとブルータイプの2種類をご用意しました。他にもカラーはあるのですが、ほとんどの方がこの2つのどちらかを選ばれるため、2つにしぼりました。あしからず・・・。

アーチ形状について

落 差高さ × 幅
0mm210mm×1500mm
1mm~20mm230mm×1470mm
21mm~35mm230mm×1470mm
36mm~50mm280mm×1470mm

アーチ形状
R1000 R1020 R1035 R1050

アーチ形状は4種類あるのですが、品番だけ見ても自分の車に合った形状はどれだか分りません。そこで、図のように、フロントガラス上部の中央部から起算して左右へ500mmずれた位置でカーブの落差を測定します。落差が1mm~20mmなら『R1020』、21mm~35mmなら『R1035』、36mm~50mmなら『R1050』、落差が0なら『R1000』といった具合になっております。R1050写真はスモークブルーのR1050タイプ。

サンシェードフィルム貼付けに関する法規定

サンバイザーフィルムの貼付けは、フロントガラスの縦の長さ(透明な部分)の上部20パーセント以内の範囲に収まっていることが定められています。20パーセントを超えて貼付けすると違法になりますのでご注意ください。

貼り方

サンバイザーフィルムは汎用製品ですので、最初に車のガラスの形状に合わせてフィルムをカットしてから貼り付けを行ってください。貼り付けてからカットしようとするとうまくいきません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA