BLOG

アークバリア21 プロスパン 忘れられない輝き。アークバリア21ガラスコーティングは、ボディ表面を薄いガラス被膜で覆い、塗装がさまざまな外的要因によってダメージを受けるのを軽減させるための塗装保護加工で、新車のような美しいボディを少しでも長く維持させたいというニーズに応える商品です。仕上がった愛車をご覧になられたオーナー様は、必ず腰を抜かします(冗談)。そう、一目見たときの輝き。忘れられません。キズや劣化のあるボディでも見違えるほどの光沢が得られその美しさを長期間にわたり持続できる最高級コーティングです。アークバリアの素晴らしさは年数が経ったときの違いとなってあなたを驚かせることでしょう。

アークバリアコーティング ラインナップ

アークバリアボディガラスコーティングに撥水タイプ『アークバリア プロスパン』が新登場。お好みに合わせて被膜特性をお選びいただけます。

アークバリア21 『親水タイプ』

アークバリア21ボディガラスコーティングアークバリア21

濡れたような『艶』と『防汚』性能。

 

撥水性:▲ 防汚性:◎ 光沢性:◎

アークバリアの歴史は長く、その優れた性能については定評があります。コーティング加工後のボディは水垢がつきにくく濡れたような深みのある艶が長期間持続します。また、完全硬化後のアークバリアは表面硬度8Hという非常に固い被膜を形成。微細なキズが付きにくく、ボディ表面を強力にガードします。ウォータースポットと呼ばれる雨染みの付着を最小限にとどめるために水はじきをおさえた設計になっていますが、完全硬化後は専用のリンスを用いて撥水性を付与させることも可能。トータルバランスに優れたボディーガラスコーティングです。硬くクリアな皮膜と深みのある光沢が美しい親水タイプのボディーガラスコーティングです。

アークバリア プロスパン 『撥水タイプ』アークバリア プロスパン

アークバリアプロスパン ボディガラスコーティングアークバリアプロスパン

強固なガラス皮膜に撥水性能をプラス。

 

撥水性:○ 防汚性:◎ 光沢性:◎

アークバリア21の強力ボディ保護性能はそのままに、さらに撥水効果を持たせた『プロスパン』が新登場。アークバリア21より強めの撥水状態、接触角100度の撥水ボディを演出します。洗車時の水切れもよく、お手入れがより楽しくなります。撥水好み方におススメです。

 

アークバリア21

【アークバリア21ガラスコーティング】

ガラスコーティングといえばアークバリア。施工後の光沢感は圧倒的で、一度施工されるとリピートされるお客様が圧倒的に多い人気コーティングです。当社はアークバリア21施工代理店で、一貫した施工体制をとっいます。


商品名 耐久性 光沢 経年変化 撥水性 防汚性 メンテナンス性
アークバリア21 5年 認められない プロスパン 5年 撥水は徐々に低下

※ 持続期間は、保管状況などにより差があります。※ 表は目安であり保証値ではありません。

独特の被膜の存在感

指先が吸いつくような感じ・アークバリア®コーティング加工後のボディー表面を触ってみてもスルスル滑るような感じが全くありません。(リンスを使用した場合はスルスルします。)ボディーに触れているのではなく、まるでガラス面に触れているかと錯覚するようなギュッと指に吸いつく独特の被膜の感触があります。これはアークバリア® 由来の特徴で、目視ではコーティング被膜は見えなくても、触れてみればその存在は明らかに実感していただけます。触れてみれば実感できるなどと自分で記載しておきながら誠に恐縮ですが、キズが付く恐れがありますのでやたらむやみに触れるのは控えてください。

重量感のあるボディの輝きが長続き

お姉さん『水っぽい光沢ではなく塗装本来の輝きをしっかりと表現。』と、どこかに書いてありましたが、これは本当です。加工後は明らかに光沢度がアップします。しかも長続きするからうれしい限りです。硬化後のコーティング被膜は完全無機質なので酸化劣化を起こしません。だから美しい光沢を長続きさせることができるのです。持続性は保管やお手入れ状況等によっても異なりますが、メーカーテストによる耐久性は5年以上。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA