GLASS REPAIR

施工実績多数。こだわりのリペア。

P1040945
ウィンドウリペアとは、飛び石などによって自動車のフロントガラス小さなにヒビ割れができれしまった場合に、割れた部分に特殊な接着剤を流し込んで補修する技術です。ヒビ割れたままの状態で放置しておくと、が広がる可能性があるばかりか、車検にも合格できません。ヒビができてしまったら早めの補修をお勧めいたします。フロントガラスの交換に比べ、低価格で補修できます。補修作業は、ヒビの内部にレジンと呼ばれる特殊な樹脂を注入して硬化させてひび割れが広がるのを食い止めます。割れ方はさまざまで、キズ状態に合わせてレジンを割れの隅々まで浸透させなくてはなりませんが、液剤をきれいにムラなく全体に注入させるのには高い技術を必要とします。インジェクターと呼ばれる器具を使用し、負圧と加圧を繰り返して内部のエアーを抜きながら少しずつレジンを注入し、最後に紫外線を照射して硬化させます。弊社では創業以来多数の施工実績がりより多くのひび割れを修理できます。グラスリペアで補修したフロントガラスの強度は100パーセントではありませんが、もともとのガラスの70%~80%の強度を確保できます。

すばやく美しい仕上がり職人芸。

グラスリペアには高い技術と感を必要とします。市販品などでもリペアキットが販売されていますが、かなりの確率でうまく修理できません。グラスリペアは温度管理が重要で、補修するガラス面が熱すぎたり冷えすぎたりすると作業ができません。仕上がりだけでなくリペア後の耐久性にも大きく影響するため特に気を使います。温度管理が適切でないと修理後『スキ』とよばれるレジンの収縮現象が起こります。『リペア直後はキレイだったが、しばらく経ったら割れが広がったよう見える。』などがまさにそれです。弊社では徹底した温度管理で、より確実なリペアを行います。補修作業はある意味時間との戦いでもあります。時間をかけすぎると中間層フィルムが溶けてもやっとした感じになり仕上がり美しくありません。ウィンドウリペアは、すばやく液を注入し、早く固めなくてはなりません。当社では30分~40分前後の時間で補修を完結致します。

P1040941

BEFORE
IMG_1376
AFTER
IMG_1379